• トップ /
  • 小規模・シンプルな葬儀

シンプルな葬儀とは

葬儀のかしこい選び方

小規模・シンプルな葬儀について

近年の葬儀には、一般的なスタイルのものだけでなく、小規模なスタイルのものやシンプルなスタイルのものもあります。まず小規模なスタイルのものとしては家族葬があり、家族や親族などの身内だけで行えるため、アットホームな雰囲気で故人を送ることができます。次にシンプルなスタイルのものとしては、一日葬や直葬があります。一日葬は、文字通り葬儀を一日で完了させるスタイルであり、直葬は、火葬だけで済ませるスタイルになります。

葬儀の持つ意味と種類

葬儀とは、故人の冥福を祈り、お弔いするための儀式です。遺族が、故人を偲び最期の別れを告げて気持ちのくぎりをつけるためにも、大切な儀式です。かつては故人と関わりのあった知人や関係者などにも広く知らせて、大勢に参列してもらうことが一般的でしたが、近年は家族や近親者のみで行う家族葬が行われることが増えてきました。また、通夜を行わず告別式・火葬のみ行う一日葬、火葬のみの直葬といった、従来通りのやり方にこだわらない形式で行う葬儀も見られるようになりました。

↑PAGE TOP